AGAとは

生え際や頭頂部が薄くなってきた。それはAGAかもしれません。AGA(Androgenetic Alopecia)とは男性型脱毛症です。AGAが進行すると生え際や頭頂部が薄くなります。AGAの主な原因は男性ホルモンです。AGAが発症してまうとヘアサイクルが変わってしまい、髪の毛がすぐ抜けてしまいます。

ヘアサイクルの変化

正常なヘアサイクルでは髪は成長して(成長期)退化して(退行期)髪が抜ける(休止期)また成長をするというサイクルを繰り返します。通常成長期は2-6年です。この期間が長いので長い髪を保つことができます。

AGAになると

AGAが発症すると成長期が数か月から1年程度と大幅に短くなってしまい。きちんとした状態で髪を長く保つことができなくなってしまい、髪がすぐ抜けある髪は短い髪という状態になります。

AGAの原因は

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合するとジヒドロテストステロンというものができ、これが成長期を短くします。AGAの進行を抑制するには早めにジヒドロテストステロンをコントロールする必要があります。

AGAは早めの治療が重要なわけ

髪は死んだ細胞でできており、この細胞を作る毛母細胞が死んでしまうと髪が作られなくなります。毛母細胞が死ぬ前に治療するのが重要です。

AGAの兆候

抜け毛が増えてきたり、抜けた毛が細かったりすると注意が必要です。

AGAの治療

AGAの治療は主に内服薬や外用薬で行われます。薬以外では植毛による治療や薬剤を頭皮に注射するメソセラピー治療もあります。

AGAかなと思ったら

AGAクリニックをカウンセリング予約して、実際に専門家に聞いてみるのが良いです。